アゲハの育て方教室2019実施報告

7月14日(日)花水公民館2階会議室で今年も13家族の参加を得て、「アゲハの育て方教室」を実施しました。今年は講師に中島伸さん(進和学園職員)をお招きし、アゲハの生態について詳しく教えていただきました。参加者の中には講師を驚かすほどのアゲハの知識を持っているお子さんもいて、どのお子さんも楽しそうに講師のお話に聞き入っていました。

講座の最後には、参加者一人一人にアゲハの幼虫をお分けし、家庭に持ち帰り無事羽化するまで観察してねとお約束し、解散となりました。 今回もこの講座を開催するにあたり、

花水地区内および進和学園「いのちの森づくり」メンバーの皆様から幼虫の提供をいただきありがとうございました。


平成最後の花水公民館まつり

2月23日(土)24日(日)に開催された花水公民館まつりに花水福祉村は「折り紙教室」「折り紙

釣り」「活動発表掲示」で参加しました。二日間で折り紙教室には約70名の参加者、折り紙釣りには

300人を超えるお子さんたちが遊びに来てくれました。折り紙釣りもボランティアメンバーが一年

かけて手作りしてきたものです。自分の好きな折り紙作品を釣れて小さなお子さんが笑顔になって

くれる瞬間にボランティアの努力が報われました。


コグニサイズ&脳トレ体操体験教室

10月12日 花水公民館にて「コグニサイズ&脳トレ体操」の体験教室を実施しました。

(花水公民館・花水福祉村・高齢者よろず相談センター富士白苑共催)

 

講師の話術に引き込まれるように 28名の参加者は昔懐かしい童謡「ウサギとカメ」を謳いながら

手や体を動かすことで脳トレになることを体験することができました。

時には笑いながら、でも手と身体は思うように動かずだんだん真剣な顔になったり…あっという間の

1時間でした。

参加者から「楽しかったのでこういう教室を継続してほしい」との声が多く聞かれました。


アゲハの成長報告・続々…

アゲハの育て方教室★2018参加者からの報告が福祉村に届きました。

きれいに羽化した喜びも残念ながら羽化できなかった報告など様々ですが、参加者が親子でアゲハの幼虫から蛹になって羽化するまで、熱心に世話をし観察していた様子がよくわかります。

参加者の中には葉っぱの提供家庭の方とよい「つながり」を作ってくださった方もいたようです。

葉っぱの提供家庭のおひとりからは「楽しいご縁をありがとう」との感想も寄せていただきました。

アゲハの育て方教室★2018

7月29日(日)花水公民館において 花水公民館&花水福祉村共催で「アゲハの育て方教室」を開催しました。講師は林田雅之さん(松風町在住)中島伸さん(進和学園職員)でアゲハの種類や育て方の他に今年は蝶を採集する時のコツについても教えていただくことができました。講師のお話しの後は公民館近くのお宅で実際にアゲハの幼虫を探しました。最後に一人に3匹の幼虫をプレゼント、参加者は其々に幼虫の餌となる葉をもらいに行くご家庭を紹介してもらい、アゲハへと羽化させる挑戦が始まりました。


花水公民館まつり

2月24日(土)25日(日)の両日、花水公民館まつりが開かれました。花水福祉村も 活動展示 折り紙教室 折り紙釣り で参加しました。折り紙釣りには連日100名を超える中学生までのお客様で大賑わいでした。


リハビリ体操教室

11月16日(木)花水公民館との共催事業として「リハビリ体操教室」を開催しました。

腰痛、首の痛み、肩こり、膝の痛み…たくさんの方が困っていることです。

体のあちこちに痛みがあると、出かけるのもおっくうになったりします。そこで、それぞれの痛み対して

効果的なストレッチ体操の基礎を学ぶことで、改善の一助としていただく目的で実施しました。

講師には、山口朋宏さん(袖ヶ浜在住・理学療法士・correct整体院院長)をお招きしました。

初めに、歩くことの大切さを学びました。歩くと筋肉の衰えを防ぎ、心臓・血管系の衰えの予防にもなり、骨を強くし健康寿命を延ばすことにつながるそうです。

次に、おしり、太もも、ふくらはぎ、股関節、首、肩甲骨、体幹・肩、手首と順をおってストレッチの仕方を学びました。

☆☆☆☆☆参加者からの感想☆☆☆☆☆

①今まで出会ったことのない健康体操教室でした。一つ一つのストレッチに当たる理論の説明があり、とてもわかりやすくしたがって分かりやすく覚えやすかった。改善の効果はこの日の講習会だけでも見られました。自身で続けることが出来そうです。

②無理なく出来るくらいの体操でかなり柔らかくなりました。順番を意識しなくてもいいし、右、左関係なく硬い方からとのご指導も良かったです。ありがとうございました。


アゲハの育て方教室

7月23日(日)花水公民館との共催事業として「アゲハの育て方教室」を開催しました。

今年で2回目となるこの講座は、夏休みの小学生に身近な昆虫のアゲハ蝶を幼虫から育てる機会を提供することと、アゲハの幼虫の餌となる柑橘類の葉を花水地区にお住いの高齢者のお宅にもらいに行くことで

世代間交流を図ることが目的です。

講師の林田雅之さん(松風町在住)による教室には11家族が参加、子どもだけでなく付き添いの保護者の皆さんも真剣にお話を聞いてくださる姿が印象的でした。参加者からは活発な質問もありました。

教室の最後に一家族2頭あたりの幼虫をお分けしました。葉っぱを提供してもらう方も決まり、幼虫が美しいアゲハに成長するまでの交流が進むことが期待されます。

なお、幼虫の提供には花水地区老人クラブの有志の皆様にご協力いただきました。ありがとうございました。